警備会社エス・ジー・プロのWebサイトにようこそ!震災復興に向けて、社員一同一丸となって頑張っております。

花見山ウォーキングトレイル

花見山ウォーキングトレイル

本日、「花見山」警備の最終打合せが終了し、あとは4月6日を待つばかりとなりました。

花見山

市の担当者様から、

「今年は来客者の増大が予想される」

「開花予想は8日頃から14日がピークであろう」

等のお話を頂き、身を引き締める思いです。



今年はマイカーによる来場が多く見受けられること、社会化実験として街中活性化のため、

花見山

駅周辺の協力駐車場の「2時間駐車場無料券」の「引換券」を配布し、

花見山のみならず、福島市駅周辺へも足を延ばしていただこう、という取り組みを行っています。


「2時間駐車場無料券」の「引換券」は、


東北自動車道、上り線「安達太良サービスエリア」、下り線「国見サービスエリア」にて、

08:00~15:00、各1日150枚づつ配布します。

期間は、4月13日~29日まで。

注意点はあくまでも「引換券」ですので、「福島駅東口臨時観光案内所」で「無料券」と交換してください。

福島駅東口

その後、福島駅東口発、シャトルバス「花見山号」に乗車して頂くようになります。

シャトルバスは「環境整備協力金」として、一人往復300円となります。切符を失くさないようにご注意を!


また、福島市は餃子も有名です。街中には餃子専門店がありますので、事前にリサーチの上、是非味わってみてください。


次に、

マイカーでいらっしゃる方は、「あぶくま親水公園」の臨時駐車場のご利用となります。


全域の除染が間に合わず、半分の500~600台の収容です。

ヘルシーランド福島

navi設定は「ヘルシーランド福島」で検索が便利です。

なお、「ヘルシーランド福島」の駐車場には当施設ご利用者以外は駐車できません。

道路向かいの「あぶくま親水公園」の臨時駐車場に駐車後、トンネルを歩いて抜けると「ヘルシーランド福島」からシャトルバスが運行しています。

同様に、「環境整備協力金」1人往復300円です。


ピーク時の週末(13.14日頃)は10:00を過ぎるとお待ちいただくようになり、周辺も渋滞いたします。

画像の説明

お急ぎの方は、早めに駐車するか(朝06:30から入れます)、街中の協力駐車場(有料)をご利用の上、福島駅から「花見山号」ご利用頂きたく思います。


予定ですが、「あぶくま親水公園」満車時、市の職員から「2時間駐車場無料券」の「引換券」を配布いたします。




「体の不自由な方」はより近い「渡利グランド」に駐車の上、シャトルバスで移動となります。同様に「環境整備協力金」1人往復300円です。

到着後、本部から無料で車椅子を借りれますが、台数に制限があります。お持ち込みが無難かと。

現地駐車場への車両乗り入れはできません。規制時間は

07:00から17:00です。


さて、花見山はいわゆる「お花見でどんちゃん」ではなく、「お花を楽しみながらウォーキング」が楽しむ場所です。

コースは、30分コース45分コース60分コースに分かれており、

「花見山から見た吾妻小富士」

当Webサイトの「TOP」上部にある「花見山から見た吾妻小富士」は、60分コースの山頂付近からの展望です。

さらに、昨年から「花の谷コース」(50分)が加えられております。

「花の谷コース」はアップダウンがありますので、「体力に自信のある方」にお薦めです。

こちらは、菜の花と桜、吾妻小富士を同時に楽しむことが出来ます。

雪うさぎ



間もなく、吾妻小富士の「雪うさぎ」が綺麗に見えるようになります。

「雪うさぎ」とは、吾妻小富士の残雪がウサギのように見えることから付いた愛称です。

吾妻小富士の中央から右手側、中央に頭を向けたウサギです。


我々一同、警備体制を万全に、優しく丁寧にご案内申し上げます。

今しか見れない福島の自然の美しさ、どうぞご堪能下さい。

  • (一社)福島市観光コンベンション協会公式ページ「こらんしょふくしま」

    コメント


    認証コード3430

    コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional